関東平野を一望!赤城山の夜景パノラマ展望台へ行こう

注目のスポット 2016.06.08
夜景

群馬県にある「赤城山」と聞いて何を思い浮かべますか?

赤城山といえば「頭文字D」、「大沼、小沼」、「ワカサギ釣り」、「空っ風」?

いえいえ、赤城山といえば中腹に群馬県でも3本の指に入る夜景スポットがあるのをご存じでしょうか?
夜景パノラマ展望台といい、円柱の形をした高さ3mほどの展望台からは前橋市から高崎市、伊勢崎市といった群馬県の主要都市の夜景が見られます。

また、空気が澄み渡っている時には池袋にあるサンシャイン60を眺める事ができるため、別名「サンシャイン峠」と呼ばれているそうです。

 

山から関東平野を見渡せる場所としては、この赤城山にある展望台がナンバーワンではないでしょうか。赤城山の位置の特性から、ほかの山では味わえない遠くまでの夜景を一望できます。

最近では天候次第で東京スカイツリーも見え、さらに人気が出てきているのです。

展望台のらせん階段の手すりには南京錠がかけられており、カップルにとっては、愛を誓い合う場所としてもひそかな人気のようですね。

 

■赤城山にある夜景パノラマ展望台へは

国道353号「三夜沢」交差点から県道16号大胡赤城線に入り、約9km(所要20分)。関越自動車道「赤城IC」からは約28km(所要60分)、「前橋IC」からは約30km(所要70分)。

場所は群馬県前橋市苗ヶ島町、県道16号沿いです。展望台までの道のりはカーブが連続した山道で、対向車とのすれ違いが難しいような道を通る必要がありますので、運転に不慣れな人は避けたほうがいいでしょう。

夜景観賞は24時間いつでも無料でOK。駐車場は10台程度あり、トイレも設置されています。あたりは真っ暗なので、懐中電灯を持っていると展望台に上るときに危なくないですね。

赤城山の標高の高い場所にあるので、冬場の12月中旬から4月初旬頃までは通行止めになります。訪れる前にJARTICなどで「大胡赤城線」の通行情報を確認してから訪れるようにしてください。

 

山から関東平野を見下ろせるスポットとしては最高の場所ですので、ぜひとも見たい方は安全運転で赤城山を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに赤城山は標高も高く、春先でも寒いですので防寒具を忘れずに。

 

ガーデニング、お庭つくりをもっと楽しく! 太陽と風とブロックのお庭つくり

 

  • あしたの黒板
  • ぐんま健康と美容ラウンジ
  • さく咲くさくらの役立つ生活術
  • ぐんまブライダルラウンジ
  • 太陽と風とブロックのお庭つくり
  • ニチガプラス