えっ!? あれも?? ◯◯発祥の地、磯部温泉

エンジョイ温泉 2016.04.27
磯部温泉

写真:Wikimedia Commons

草津に伊香保など、有名な温泉がたくさんある群馬県。みなさんは、磯部温泉という名前を聞いたことがありますか?

磯部温泉は群馬県の安中市にある温泉です。実はこの温泉、いろいろなものの発祥の地と言われています。いったい何の発祥の地かというと……。

 

■温泉マーク発祥の地、磯部温泉

温泉マークといえば、誰もが温泉から湯気が立ち上っているあのマークを思い浮かべますよね。なんとこのマーク、磯部温泉が発祥の地なんです。

1661年に土地の境界をめぐる訴訟があり、その時、江戸幕府が出した判決文に温泉マークが描かれていました。これ以前に温泉マークの使用例が見つからないため、磯部温泉が温泉マーク発祥の地となりました。

「日本最古の温泉記号」を刻印した碑は磯部公園にあります。でも現在の温泉マークとはちょっとイメージが違いますよね?
 
 

■舌切り雀発祥の地、磯部温泉

また、磯部温泉は、「舌切り雀伝説」の発祥の地でもあります。明治の文豪学者・巌谷小波が磯部温泉に逗留し、舌切り雀の物語を書いたためです。巌谷小波が逗留中に詠んだ句「竹の春 雀千代ふる お宿かな」をしたためた句碑があります。
 
 

■磯部温泉のお土産といえば……

磯部温泉のお土産として有名なのが、「磯部煎餅」。鉱泉水を利用し焼き上げた軽く素朴な味が特徴的な煎餅です。口に入れると、しゅわっと溶ける感じがなんともいえずクセになります。

磯部駅周辺には、磯部煎餅を取り扱うお店や工場がたくさんあり、それぞれのお店で異なる磯部煎餅を販売しています。

そんなお店を紹介している「磯部煎餅かじり歩きキャンペーン」のチラシに、磯部煎餅のツウの食べ方があったので紹介させていただきます!

 
【磯部煎餅 通の食べ方 指南五カ条】

一、まずはそのまま食うべし
一、珈琲、茶の湯気で湿気らせフナフナにして食うべし
一、バターを塗って食うべし
一、アイスクリームに砕いてかけて食うべし
一、砕いて牛乳をかけて食うべし

磯部煎餅大好きの筆者ですが、これまでノーマルな食べ方しかしたことがなかったので、この指南には驚きました。今度、こちらの食べ方も試してみたいです。

 

歴史を感じる「磯部温泉」。ぜひ訪れてみてくださいね!

痩身、美肌、癒しの美容情報を配信 ぐんま健康と美容ラウンジ
 

  • あしたの黒板
  • ぐんま健康と美容ラウンジ
  • さく咲くさくらの役立つ生活術
  • ぐんまブライダルラウンジ
  • 太陽と風とブロックのお庭つくり
  • ニチガプラス