日本三大うどんってなんだ?「水沢うどん」を応援しよう!

グルメ・名産 2016.02.12

■日本三大うどんとは?

日本三景(宮城県松島・京都府天橋立・広島県宮島)や、
日本三大温泉(兵庫県有馬温泉・群馬県草津温泉・岐阜県下呂温泉)、
日本三大庭園(茨城県偕楽園・石川県兼六園・岡山県後楽園)など、
日本は「三大○○」が大好きですね。
うどんにも日本三大うどんというのがあるそうです。

1つ目は、香川県の「讃岐うどん」。
うどん県としても知られる香川県の讃岐うどんは有名ですね。太麺でコシが強く、一般的によく知られているうどんです。

2つ目は、秋田県の「稲庭うどん」。
平らな細麺でのどごしが良い稲庭うどんは、ちょっと高級志向なうどん。かつては献上品として流通していました。

讃岐うどんと稲庭うどんの2つは、どの文献でも三大うどんにランクインしている当確うどんです。
問題は残りの1枠。
この最後の1つのうどんが、地方によってばらつきがあります。

三大うどんの一角に一番近いうどんは、我が群馬県の「水沢うどん」。多くのサイトや本を読んでみても「日本三大うどんの水沢うどんは……」と表記され、認知度もまずまずです。

しかし、長崎県の「五島うどん」や愛知県の「きしめん」、富山県の「氷見うどん」が3大うどんのひとつとされているところもあり、讃岐や稲庭と比べると、「水沢うどん」の三大うどん定着度はもう少し頑張りが必要……。
これはいけません!

「水沢うどん」の美味しさをもっともっと全国に広めなければ!ということで、水沢うどんについて調べてみました。

 

■水沢うどんについて知ろう!

水沢うどんは400年以上前から、水澤寺(水澤観音)の参詣客向けに提供されていた手打ちうどん。ずいぶんと歴史が古いのですね。

現在でも水澤寺近くは「水沢うどん街道」と呼ばれ、多くの水沢うどん専門店が並んでいます。

上州産の小麦と水沢山から湧き出た名水と塩だけを使用し、やや太めで透き通る白い麺が水沢うどんの特長。
ざるで提供する「ざるうどん」が定番の食べ方で、コシの強さとつるつるとした「のどごしの良さ」が人気です。

 

調べていたら、むしょうに水沢うどんが食べたくなりました! 美味しい水沢うどんを求めて、伊香保にドライブに行ってみようかな。

 

痩身、美肌、癒しの美容情報を配信 ぐんま健康と美容ラウンジ

  • あしたの黒板
  • ぐんま健康と美容ラウンジ
  • さく咲くさくらの役立つ生活術
  • ぐんまブライダルラウンジ
  • 太陽と風とブロックのお庭つくり
  • ニチガプラス