こんなところに気を付けよう! 子連れでの温泉旅行(前編)

エンジョイ温泉 2016.02.04

寒い日々が毎日続く今日このごろ・・・、そんな時には温かい温泉に入ってゆっくりと旅行でも行きたいと思う方も多いでしょう。でも温泉旅行には行きたいけれど子連れでの温泉旅行ってどうなんだろう?と不安に思う方必見!!この記事を読んで不安を払拭し、ぜひ子連れの温泉旅行の計画を企ててみてはいかがですか?

 

◇子連れ温泉の選び方◇

温泉旅行へ行こう!となったときにどの温泉に旅行しようか迷いますよね?子供が小さければ小さいほど温泉選びには注意が必要です。では何に気を付けなくてはいけないのか?

まずは泉質。刺激が強すぎるのはやはり良くないでしょう。また硫黄泉というにおいがきつい温泉も避けたほうが良いでしょう。
次に気を付けたいのが温泉の温度です。子供のためにも源泉かけ流しの温泉を選んだ結果、源泉の温度が熱いため子供が入れなかったなんてことにならによう気を付けましょう。

泉質や温度についてはホームページなどで調べることができます。

 
またほかのお客様に気兼ねなく子連れの温泉を楽しみたい場合には、貸切風呂がある温泉宿を選びましょう。

 

◇子連れ温泉旅行の注意点◇

*温泉は何歳から?
子連れで温泉旅行をしたいと思ってもまだ赤ちゃんだからと躊躇してしまう方も少なくないと思います。ただ何歳からという決まりはありませんが、不特定多数の方が入る温泉には感染症という危険もあります。できれば1歳未満の赤ちゃんは温泉旅行を控えたほうが良いでしょう。

 
*のぼせに注意!
温泉は大人でも短時間入るだけでかなり温まります。子供は大人よりもすぐにのぼせてしまうので入浴時間に注意しましょう。のぼせ対策として頭に冷たいタオルをのせると良いでしょう。逆に温かいタオルをのせると立ちくらみ防止になるそうです!

 
*ベビーソープなどを持参しよう
できればいつも使っているものを持参したほうが間違いないです。大人用のものの中には子供の皮膚には刺激の強いものもあるからです。

 
 
以上、子連れ温泉旅行の注意点でした。楽しい子連れの温泉旅行にするためにも何に注意しなければいけないか把握しておいたほうが良いですよね。後編では子連れ温泉旅行のマナーについて紹介したいと思います。
 
 

海外セレブの美容法から、お役立ちの家事情報まで ニチガプラス

  • あしたの黒板
  • ぐんま健康と美容ラウンジ
  • さく咲くさくらの役立つ生活術
  • ぐんまブライダルラウンジ
  • 太陽と風とブロックのお庭つくり
  • ニチガプラス