地元の人が本当に買っている群馬土産3選(群馬県北部エリア)

グルメ・名産 2016.01.28

美味しいものを食べたら、他の人にもぜひ食べてもらいたい!と思うものですよね。

数多くある群馬のお土産にも、特に「この味は県外の人にも知ってほしい!」と願うお土産があります。今回は群馬県北部エリアで、地元の人が選ぶ本当に美味しいお土産、群馬県外の人にお土産を渡すときに選んでいる“とっておき”の群馬土産をご紹介します。

 
群馬にお越しの際、お土産選びの参考にしてみてくださいね。

■永井食堂の「もつっ子」

国道17号線沿いにあるモツ煮定食のお店。長距離ドライバーの口コミから火が付き、メディアに何度も取り上げられ、安くてうまいモツ煮を目当てにわざわざ群馬県外から来るお客さんもいるほどの人気店です。

群馬のみそを使用し柔らかく煮込んだ甘辛モツ煮とご飯がよく合います。すぐ横にある売店では、お店で提供しているモツ煮を土産用にパックした「もつっ子」を販売しており、定食を食べなくてもお土産だけ購入することもできます。とても人気のあるお店なので土日は行列覚悟で、時間に余裕をもってお出かけくださいね!

永井食堂

 

■フリアンパンの「みそバターパン」

群馬県の利根沼田エリアに住んでいる人なら知らない人はいない、地域密着型のパン屋さん。群馬の契約農家でとれた小麦粉を使用し、ジャムやあんこ、ピーナッツバターをサンドしたソフトフランスパンは絶品です。

その中でも特製のみそだれとたっぷりのバターをサンドしたみそバターパンは、みそだれの甘じょっぱさとバターのコクがベストマッチして癖になる味わい。なお、フリアンパンは群馬県沼田市内に5店舗あるほか、地元のスーパーマーケットで販売していることもあるので、スーパーに立ち寄った際には要チェックです。

フリアンパン洋菓子店

 

■小荒井製菓の「生どら」

群馬県北部の国道291号線沿い、みなかみ町の小荒井製菓で販売されている「生どら」。甘い粒あんと生クリームが溶け合った「生どら焼き」は、地元の人にも群馬県外から来た観光客にも大人気のお土産です。

粒あんのほかにも、カスタードクリーム、ティラミス、カフェショコラなどのクリームをサンドした生どらがあります。オフィシャルサイトから通信販売で購入することもできるので、お土産を買い忘れてしまった方や、すぐに群馬に行けないという方は注文してみてはいかがでしょうか?

小荒井製菓

 
 
ぐんまで結婚を考えたら! ぐんまブライダルラウンジ

  • あしたの黒板
  • ぐんま健康と美容ラウンジ
  • さく咲くさくらの役立つ生活術
  • ぐんまブライダルラウンジ
  • 太陽と風とブロックのお庭つくり
  • ニチガプラス