こんなところに気を付けよう! 子連れでの温泉旅行(後編)

エンジョイ温泉 2016.02.08

前編では子連れの温泉旅行をする際の、温泉の選び方や注意点を紹介しました。後編では、楽しい旅行にするためにも子連れ温泉旅行でのマナーについて紹介したいと思います。

 

■子連れ温泉旅行の注意点 <マナー編>

・おむつがまだとれていない子供は湯船に入れるか?

これは宿によってまちまちです。禁止しているお宿もあることでしょう。その理由は、万一湯船の中で漏らしてしまった際、他のお客様への配慮からです。事前に確認をしておくことが必要でしょう。宿によってはベビーバスを貸してもらえるところもあります。また、ぜいたくに客室風呂付きのお部屋をとったり、貸切風呂があるお宿を選んでおけば安心でしょう。

 

・お父さんやお母さんと一緒に入れる年齢の場合

女の子が男湯に、男の子が女湯に入ることもありますよね。ただ県の条例によって混浴が可能な年齢が定められているので注意が必要です。宿によっては何歳までと注意書きがしてある宿もあるので参考にしてください。一般的には8~10歳までと言われていますが、その子の体格にもよるでしょう。

 

・湯船につかる前には必ず体を洗いましょう!

これは子連れの旅行に限らず、すべての方に言えることですし、いまさら言われなくても知っている方が多いと思われますが、念のために書いておきました!

またタオルを湯船に入れてはいけない、湯船では泳がない、ということも子供に教えておきましょう。

 

・子供を走らなせないようにしよう!

子供は隙あらば走りたがります。しかし宿には他のお客様も大勢おります。廊下でぶつかったり、また温泉ではすべりやすいため転んでけがをしてしまったら大変です! 楽しい子連れ温泉旅行が一転、旅行なんてしなければ……ということにならないためにも、子供にはよく言い聞かせておきましょう。

 

以上、子連れ温泉旅行のマナーについて紹介しました。

初めて子連れで温泉旅行をする方にとって少しでもお役に立てたでしょうか?

 

いろいろと書いてきましたが、周りの方に迷惑をかけずに楽しい思い出がたくさん残る旅行にすることが何よりも大事です。子連れの温泉旅行を楽しんで行ってきてくださいね!

 
 
ガーデニング、お庭つくりをもっと楽しく! 太陽と風とブロックのお庭つくり

  • あしたの黒板
  • ぐんま健康と美容ラウンジ
  • さく咲くさくらの役立つ生活術
  • ぐんまブライダルラウンジ
  • 太陽と風とブロックのお庭つくり
  • ニチガプラス